huawei p20 lite、Android9(Pie)の対応はいつなのか、待ち望む人にとっては関心の高い情報です。OSアップデートに関してはとても慎重になっているのは事実であり、Android7.0や8.0において中断や不具合も生じていただけに尚更安易にはできません。提供時期に関しては順次案内がありますし、それがまだないのであれば提供はもう少し先の理解です。バージョンアップをすることにより前提的な機能が向上をすることがありますし、レスポンスが上がることもあります。

半面で行ったばっかりに不具合が生じることもあるので、急ぎ過ぎる対応もトラブルを招くもとです。提供を急いだばかりに一部の機能が完全には使えなかったり、順調に希望をしなくなったりしたでは困ります。だから待ち望む人が多い中でも急ぎ過ぎても良い結果を招かないことから、気長に待つのが1番です。誰もがバージョンアップをすることで、全てが順調になると考えがちですが、実際にすべてがうまくいくとも限りません。

WindowsやPixel向けのようにずっとこうしたアップのサービス路提供してくれるのは良いですが、あまりにも早いサイクルでのアップは実際には考えものかもしれないです。良いことばかりの理解ですがやってみたら、一緒に何かしらのリスクもついてくるのは避けられません。Androidの更新はとても遅いイメージが持たれますが、実は遅すぎるというわけではないです。

Android OSを提供するそれぞれのメーカーが、利用者のためのOSを随時アップさせていないだけですが、それはお金がとてもかかることも絡んでいます。自分たちの会社ですべてを手掛けて販売をしていますが、アプリが最初から入っていることは多く、それらがバージョンアップをどこかで妨げている要因となっている可能性も否定はできません。

年に3回程度はそれぞれのキャリアから新しいスマートフォンが販売をされるため、新しい機種に古い機種から買い替えてほしい願望を、ひそかに秘めているのもメーカーサイドです。

旧端末のOSアップデートをするにはメーカーに大きなお金がかかることから、それならば新しい端末を購入して欲しいというのは、ビジネスとして売り上げを上げるためにも企業が持つ考えと言えます。もちろんそれぞれのメーカーの奥に秘めた売り上げアップの考えもありますが、同時に焦り過ぎて不具合を出さないことも重要です。