huawei p20 liteで電話をかけるときの使い方は、ホーム画面の電話アイコンをタップするところから始まります。

huawei p20 liteのホーム画面にある緑色の受話器アイコンをタップすると、アプリが立ち上がります。

アプリが立ち上がったら、ダイヤルキーをタップして欠けたい相手の番号を入力しましょう。

番号の入力途中に間違えてしまったら、右横にあるアイコンをタップすると1桁削除することが可能です。

正しい番号を入力したら、ダイヤルキー下の中央にある受話器アイコンをタップして下さい。

受話器アイコンをタップすると、huawei p20 liteを使って相手に電話をかけることができます。

huawei p20 liteに登録してある連絡先からかける場合は、ホーム画面で電話アイコンを選んでアプリが起動したら、上部にある連絡先のタブを選びましょう。

連絡先を選ぶと、huawei p20 liteに登録されている相手の名前が表示されます。

あとはかけたい相手を選んでから番号をタップすると、発信が開始され通話できるようになるでしょう。

huawei p20 liteの電話帳に登録する方法は、ホーム画面の連絡先から行います。

連絡先のアプリが立ち上がったら下部の新規登録を選んで、次に追加先を選びましょう。

追加先を選んだら、あとは必要な情報を入力していくだけです。

氏名や読み仮名に電話番号、さらにはメールアドレスなどの情報を入力し完了したら、右上にあるチェックマークをタップすると登録できます。

また履歴からも連絡先への追加は可能で、その場合は電話アプリの発着信履歴から登録したい履歴を長押しして下さい。

新しい連絡先を作成を選んでから氏名などの情報を入力して、チェックマークをタップすると完了です。

huawei p20 liteを使って電話をかける方法は、慣れれば簡単です。

使い方をマスターすれば戸惑わずに、huawei p20 liteで通話ができるでしょう。