スポンサーリンク

消灯時間の設定方法

huawei p20 liteの初期設定は30秒で消灯する設定になっています。それが短いと感じる方は、設定を変更することで更に長くすることが出来ます。設定方法は、[設定]-[画面]-[スリープ]を押してから時間を好みに設定することで変更完了です。

おすすめの消灯時間

15秒から有効にしないまで様々なパターンを選ぶことができますが、あまり長時間消灯させないでいると電池の持ちが悪くなりますので電池の持ちを良くしたい時には15秒か30秒くらいにしておくのがお勧めです。逆に、10分や有効にしないの設定を選ぶ人は電池の持ちが悪くなりますので手動で点灯をオフにする習慣を身に着けておくと良いでしょう。

点灯する時間は、一回ごとにそれほど電池を消費しないように見えても実は違います。繰り返していくとかなりの時間の差になりますので、必要が無い限りは早めに消灯したほうが電池が長持ちしますので15秒や30秒といった時間がおすすめです。

スリープとは、一定時間操作を行わない時に働く機能ですので操作を行い続けているときには機能しません。最後に使ってからの時間でカウントしますので、電池の持ちを良くしたいか銅貨によって決めるのも良いですしいちいちタップして点灯させるのが面倒という方は少し長めに設定しておくと良いでしょう。

この設定は、いつでも変更することが出来ますのでスマートフォンを入手したら初めに設定して、合わないと感じたら変更するのもお勧めです。長く使っているスマートフォンでは、徐々に電池の消耗が早くなりますので短めに設定しておくのが良いでしょう。

huawei p20 liteは、スリープ機能にも任意でカスタマイズできる機能が満載です。自分のライフスタイルや使い方によって適宜変更することで、スマートフォンはかなり使い勝手が良くなりますので気が付いたときに設定の変更をしてみるのがお勧めと言えます。いずれも設定ボタンから変更することが多いです。