huawei p20 liteに搭載されているカメラは、約1,600万画素のイメージセンサーに加え、約200万画素のイメージセンサーを持つダブルレンズ仕様です。撮影に最適なモードが用意されているので写真のクォリティーを求めたい人にもお勧めですし、写真だけでなく動画も撮影ができる魅力をhuawei p20 liteにあるのです。写真と違って動画は文字通り動きを捉えることできるので、表情の変化などを記録したい時にも便利です。

特定の瞬間を捉えたい時には写真、動きも捉えたい時には動画など、huawei p20 liteにはシーンに合わせて切り替えながら撮影ができる魅力を持ちます。

huawei p20 liteの動画の撮影方法は写真を撮る時と同じようにモードを切り替えれば良いわけですが、写真と違い撮影時間が長くなればなるほど記録容量が気になって来ます。huawei p20 liteでは4K撮影も対応にしており、モードに応じて撮影時間も変わるので注意が必要です。4Kは解像度が高い、高精細な映像を捉えることができるもの、記録したものは4K対応テレビで映し出して楽しめます。ちなみに、huawei p20 liteは前面にもイメージセンサーがありますが、こちらは約1,600万画素のシングルレンズです。クォリティーを持つ動画を考える時には背面のイメージセンサーがお勧めです。

動画を摂る時には、撮影画面から画面を右側にフリックするとモード切替画面が表示されます。標準モードでも動画を摂ることができますし、プロビデオモードにすると手動フォーカスやホワイトバランスなど、詳細設定を行うことも可能になって来ます。スローモードでは動きあるシーンをスローモーションで収めることができるので、早く動いている被写体を収めたい時など面白いものを撮れるのではないでしょうか。他にもフィルタ設定、コマ抜き、パノラマや夜間時など各種モードが用意してあるのでシーンなどに合わせて切り替えが便利です。