p20 liteは2018年6月15日に発売された格安スマートフォンとなります。価格は3万1980円となり、性能のよいカメラを搭載し本体のスペックもよい格安スマートフォンとなります。p20 liteを使用した後、次に何を使用したらよいか迷う方もおられるかもしれません。mate 20 proやnova lite 3の性能をチェックしてみることをお勧めします。

mate 20 proは2018年11月28日に発売されました。NANOMEMORYカード対応となります。CPUはKIRIN980が搭載されており、価格は111880円となります。カメラに関しては、ライカ監修のレンズが採用されており、望遠や広角、超広角のトリプルカメラ仕様と考えて間違いありません。指紋センサーがディスプレイ内に埋め込まれたイン・スクリーン指紋認証を使用することができ、赤外線で深度測定を行う3D顔認証を使用することができます。動作面に影響を与えるパーツRAMは6GBとなり、端末本体の容量内部ストレージは128GBとなります。バッテリー容量は、4200MAHと考えて間違いありません。カラーバリエーションはミッドナイトブルーやトワイライトとなります。

nova lite 3は2019年2月に発売され、p20 liteと同じくフロントカメラは16MPで16MP+2MPのデュアルカメラとなります。CPUがKIRIN710が搭載されており価格は26880円と考えて間違いありません。ボディも美しいためデザインにこだわりがある方でも満足することができるのではないでしょうか。リーズナブルな価格ですが、カメラ性能も妥協しない格安スマートフォンとなります。RAMは3GBとなり、内部ストレージは32GBとなります。バッテリー容量は3400MAHと考えて間違いありません。カラーバリエーションは、ミッドナイトブラックやコーラルレッド、オーロラブルーとなります。

mate 20 proとnova lite 3を比較した場合、mate 20 proに関してはCPUやPAM、バッテリー容量に関しては性能が上となるため、快適に動作を行うことができると考えて間違いありません。性能が上になることもあり、価格はnova lite 3より高額となります。nova lite 3に関しては、リーズナブルであるにもかかわらず性能が優れており、重いゲーム系のアプリもプレイすることができます。価格と性能を比較し、どちらを選ぶとよいか決めるとよいかもしれません。