hauweiのp20 lite端末はデータ移行専用のシステムPhone Cloneがあるので、新旧の端末の認識が簡単にできるので手間いらずです。

例えばiPhoneからデータ移行をするときも、特別に手動のセッティングは不要で、短時間で感覚的な操作で完了できます。まずはp20 liteの方を準備しておきます。Phone Cloneを開いて、この端末は新しい端末ですというアイコンをタップします。次に古い端末を指定する画面になるので、iPhoneを指すiOSを選ぶだけでスタンバイできます。

これだけでp20 liteが新旧の端末の認識するセッティングができるので、後はほぼ自動でお任せできるのは機械が苦手な方でも安心です。それでは次に古い端末のiPhoneの方の準備をしましょう。まずPhone Cloneのアプリを入れていない場合はダウンロードしましょう。特に思いアプリでも有料でもないので、ダウンロードも時間がかかりませんし、入れた方が後の処理も簡単で確実です。ダウンロードできたら、後は先ほどと同じように設定を選んでいくだけです。

この端末は古い機種をタップして、新しい機種を聞かれたらAndroid端末を選びます。その後「設定」の「WiFi」開いて、ネットワークのANE-LX2Jと続くものをタップしましょう。接続に必要なパスワードを求められますが、最初に準備をしたp20 liteにパスワードは表示されていますので、そのまま入力しましょう。接続をタップすれば双方のスマートフォンが通信準備を開始します。最後にデータが残っている古い機種であるiPhone側にある新しい端末という部分をタップすると、移行できるデータの一覧が表示されます。

ここからデータ移行したいものを選択しましょう。全てでも一部でも可能なので、必要なデータを漏れなく移すようにしましょう。選択できたら一番下のある移行のボタンをタップすれば、双方で移行が開始されます。新しい端末では受信中になりますので、わかりやすいのも安心できます。送受信が終わればp20 liteとiPhoneの両方の端末に完了と表示されます。それを確認してから終了させます。画面を終了させるのは2台とも別々にする必要があるので、どちらか1台を完了とタップすれば終わるわけではないので注意が必要です。データとして写真やアドレス、カレンダーなどがあっという間に移行できますので難しくなく隙間時間にできます。