huawei p20 liteでは、SMSサービスでショートメッセージのやり取りをすることが出来ます。最近は通信アプリやフリーメールなどが発達してあまり使われることがなくなった印象のサービスですが、相手の電話番号しか知らない場合などにメッセージを送りたいという時に非常に便利です。

スポンサーリンク

SMSの使い方

p20liteでショートメッセージを利用する場合、「メッセージ」アプリを使います。

メッセージアプリ

メッセージアプリをタップして新規メッセージをタップした後アドレスを入力してテキストを入れてから送信するだけの簡単な方法です。

この他にも、+(プラス)メッセージ利用者同士であれば、+メッセージ専用QRコードを読み込むことで、連絡先として登録できます。電話番号を登録する時にはホーム画面から、基本フォルダから+メッセージで新しい連絡先を登録することが可能です。

SMSは料金がかかります!

SMSのメリットはメールアドレスやLINEなどのメッセンジャーアプリのIDを知らなくても通話をすることなく連絡を取り合うことが出来る点にありますので、電話番号しか知らない相手と連絡を取り合いたい時にはSMSの機能を利用してみてはいかがでしょうか。フリーメールや一般的な通品プリと異なり、SMSのやり取りには料金がかかりますので料金を掛けたくないという時にはLINEなどのメッセンジャーアプリへの移行を促すのが良いでしょう。

SMSの料金は各キャリアまたはMVNO業者によって異なります。

SMSは認証時に利用されることが多い

SMSを使うのに便利なシチュエーションは、格安SIMで通話が出来ないタイプで通信アプリの認証を摂る場合などには、SMSの番号が活躍します。

SMSの番号が割り当てられた格安SIMを使っていれば、認証が必要なWEBサービスやアプリで通話機能がついていなくてもSMSの番号で問題なく認証を受けることが出来ます。ショートメッセージをあまり送ることはないかもしれませんし、有料なので利用者は少ないですが多くの人はデータ通信のみではアプリの認証が取れないため利用しているケースが多いです。格安SIMではプラス150円程度で付加できる機能ですので人気があります。huawei p20 liteでも利用可能です。