スポンサーリンク

p20liteはテザリング可能です!

スマホの「テザリング」機能を利用すれば、スマホのLTEや3G回線経由で、他のノートパソコンやタブレット端末などをインターネットに接続させることができます。通信量が無制限のプランを利用している方であれば、スマホを無線WiFiルーターの代わりに利用すると便利です。huawei p20 liteにもテザリング機能が付いているので、WiFiモデルのタブレット端末やノートパソコンでインターネットに接続をすることができます。

テザリングの方法

テザリングの設定画面

huawei p20 liteを無線WiFiの親機として利用するための操作手順ですが、最初にホーム画面で「設定」のアイコンをタップして設定メニューの画面を開きます。次に「無線とネットワーク」を開き、「テザリングとポータブルアクセス」をタップしましょう。メニュー画面が開いたら、「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップし、「Wi-Fiアクセスポイントを設定」に進みます。「ネットワーク名」をタップするとネットワーク上で区別をするための名前を入力する画面が表示されるので、分かりやすいネットワーク名を入力してから「保存」をタップします。ネットワーク名は自分のニックネームや、端末名でも構いません(テザリングを有効にすると、周囲の人にもこのネットワーク名が見れてしまうので個人情報の観点なから本名など個人を特定できる名前を付けることは避けましょう)。ネットワーク名の設定が済んだら「パスワード」を設定します。ここで設定をするのは、WiFi子機に入力するパスワードです。パスワードを設定したら、先ほど入力したネットワーク名の右側のスイッチをONに切り替えます。これで、スマホがWiFi親機として機能させることができます。以後はこのスイッチを切り替えるだけで、WiFi親機の機能を開始したり停止することができます。

次に、インターネットに接続をしたい機器でWiFiの設定を行います。機器ごとに操作方法が違いますが、「設定」などの項目を開いて「無線とネットワーク」に進みましょう。先ほど入力したネットワーク名が見つかったら選択して、パスワードを入力すればインターネットに接続ができます。テザリング機能を終了させたい時は、スマホの「設定」「無線とネットワーク」でスイッチのマークをOFFに切り替えておきましょう。