スポンサーリンク

電池消費量ランキングの確認方法

気軽に持ち歩く事がメインの利用法であるスマートフォンの隆盛は、新たな問題を考えなければならないきっかけとなりました。それは電源の問題です。大型コンピュータやデスクトップコンピュータは電源を固定した所からとる事が前提ですのである意味で安定した電源を確保する事ができるのですが、スマートフォンの場合には移動ができる事が大前提ですので電源の確保が問題です。スマートフォンの場合には、電気容量の決まったバッテリーに充電を行いそれを利用して各アプリを駆動する事になりますので、各アプリがどのくらいの電池消費量なのかを調べ大きく重要でないものを休止か停止する事が必要です。

スマートフォンでは電池消費量ランキングの確認方法があります。huawei p20 liteの場合には、[設定]-[電池]-[電池消費量ランキング]から[ソフトウェア]をタップする事で確認できます。

電池消費量ランキング

おまけ:インターネットとスマホの歴史

現代社会においてインターネットの利用法は変化しました。インターネットが出来たばかりの頃は、インターネットは電子メールとアドレスを教えられたある特定の施設のホームページを閲覧する事が役割で、科学関係や一部の人達が仕事で使うというのが普通でした。この事は、まだ半導体の集積化技術が発達しておらず、インターネットを使う機器が大型コンピュータやデスクトップコンピュータに限られていた事が1つの原因です。この様な状況からインターネットは現在比べてあまり普及していない状況でした。

しかし、時代が進むに連れてこの状況は大きく変わってきました。まずインターネットが商用にも使用可能になった事がきっかけとなりました。それまでは政府機関や教育研究機関に限られていたインターネットの使用が民間企業やその他の様々の団体に公開されました。この事からインターネットは爆発的に普及する事になります。また、半導体製造技術の発展は通信端末を劇的に小型化しました。それまでは特別の部屋が必要であったり机の上に置かなければならなかった通信用の機器が、今ではポケットに入れて持ち歩く事が可能となったスマートフォンはインターネット利用の主流となって来ています。