スポンサーリンク

ナビゲーションボタンとは?

huawei p20 liteではナビゲーションボタンの組合わせを変更する方法があります。ナビゲーションボタンというのは、ホーム画面の最下段にある三角形、丸形、それに四角形のアイコンのことを指しています。

デフォルト設定においては、この3つのアイコンはこの順番で左から並んでいますが、並び方の順番について、自分の使いやすいように変更することができるのです。それが組合わせの変更です。

ナビゲーションボタンの変更手順

[設定]-[システム]-[システムナビゲーション]-[ナビゲーションバー]という項目がありますので、そこから自分の好きな組合わせを選ぶことで変更設定することができます。

それぞれのアイコンの意味ですが、三角形は一つ前に戻るという意味、丸形はホーム画面に戻るという意味、そして四角形は最近のタスクに戻るという意味になっています。自分の使いやすい順番にすれば良いでしょう。

ただ、完全に自由にどんな順番でも設定できるわけではありませんので、さほど大きな意味はないかもしれません。実際には丸形は中央に固定ですので、三角形と四角形を左右どちらに配置するかの違いでしかないからです。3つのものを順番に並べる方法には合計で6通りあるわけですからその中で2通りしか選べないということになります。

オススメはクイック設定パネル表示用のショートカットキー

ナビゲーションボタンへの追加をぜひオススメしたいショートカットキーがあります。それはクイックパネル表示用のショートカットキーです。

ちなみにクイック設定パネルとは、下記の画面のことです。通常は、通知バーを下方向にスワイプすることで表示されます。

手が小さい人だと、通知バーまで親指を持っていくのは大変だと思います。ナビゲーションボタンにクイック設定パネルを表示させるショートカットキーを追加することで、簡単に表示させることができるようになります。

huawei p20 liteでは、本体前面にはハードキーのボタンは設けられていません。ボタンを設ける代わりに、画面内のアイコン(つまりソフトキー)をタップすることになっています。これは画面を最大限に広く取れるというメリットがある一方で、使いにくい位置にボタンがあるとうまく操作できなかったり、あるいは押すつもりではなかったボタンを押してしまうということもあるかもしれませんから、2通りのどちらかとはいえ自分の使いやすいものを選んでおいたほうがよいでしょう。なお、通知領域を表示するかどうかもこの画面で併せて設定することができます。