huawei p20 liteは2017年に発売が行われたhuawei p10 liteの後継モデルです。こちらのモデルは2018年で一番売れた格安スマートフォンとも言われており、USB TYPE-Cの機能を追加し、ディスプレイサイズは5.2インチからノッチが付いた5.84インチへとサイズアップするなどの特徴を持ちます。ちなみに、ディスプレイを大きくすることで筐体も大きくなるイメージを持つ人も多いかと思われますが、huawei p20 liteは従来のhuawei p10 liteのディスプレイ周りにあった無駄な余白を少なくしている、ベゼルレスの使用を持つのが特徴です。ノッチはiPhoneXのようにディスプレイ上側の凹み箇所をノッチと呼びます。
・2018年に最も売れたSIMフリースマホは? ファーウェイがトップ3を独占
https://www.bcnretail.com/market/detail/20190110_101115.html

スポンサーリンク

ホーム画面の設定方法

huawei p20 liteのホーム画面の使い方ですが、購入した時にはスマートフォンで良く利用するアプリをワンタッチで使えるように「Huaweiホーム」の設定が行われており、このまま使用しても良いのですが、切り替えることも可能です。ホーム画面のスタイルを切り替える時には、ホーム画面から「設定」→「画面」→「ホーム画面のスタイル」の順に選択を行い、標準もしくはドロワーのいずれかを選びます。標準は購入した時の状態に戻す時、ドロワーは一般的なスマートフォンと同様の使い方ができます。

ホーム画面のスタイル

壁紙の変更方法など

ホーム画面は複数の画面で構成が行われているのですが、画面を切り替える時には左右にスライド/フリックすることで画面を切り替えることができます。画面の下側には現在の表示位置を教えてくれるインジケーターが表示されるので迷うことはないと言えましょう。自分が撮影した写真やネットの中でダウンロードした壁紙をホーム画面に表示したい時には、空きスペースを長押し(ロングタップ)すると壁紙の選択メニューに入ります。画面下側の壁紙を選択する、もしくはギャラリーをタップしてから画像を選択して壁紙を設定することも可能です。