スマートフォンが色々な所に持って行くことができるくらい小さくなったのは、科学技術の大きな進歩によっています。スマートフォンの原形は、パーソナルコンピュータです。パーソナルコンピュータの源流には元々は2つの系列がありました。

その1つは、大型計算機です。大型計算機は、元々第2次世界大戦の時に暗号解読の為の軍事技術でした。それまで計算といえばタイガー計算機という手回し計算機が主であったものを電子的な技術で高速化を行っていき、計算速度を追求する為に大型化していきましたが、それがビジネスの世界で使われる様になった事で巨大産業となって行きました。この様な巨大なコンピュータでたくさんの仕事を集中管理する事がしばらく進められていきましたが、半導体技術を始めとする科学技術の進歩は機器の大幅な小型化を実現していきました。

もう1つのパーソナルコンピュータの源流は、卓上電子計算機すなわち電卓です。電卓は、そろばんに代わる計算機として発達していきましたが、使用されていくうちに、単なる四則演算だけでなく色々ものに使えないかとの要求から様々の機能が付加されていきました。電卓だけで積分操作などの複雑な操作が可能となっています。

この様な2つの流れから小型で柔軟にプログラムが組み込めるパーソナルコンピュータが発明され、現在では源流となる2つの計算機の多くの部分はパーソナルコンピュータで置き換えられる様になってきました。

この様なパーソナルコンピュータに加え、インターネットや通信の発達より更に小さくインターネットへの接続や通話機能を持った超小型の通信端末が発明されました。これが現在のスマートフォンの始まりになります。

スポンサーリンク

明るさの設定手順

現在では、様々のスマートフォンが販売されていますが、huawei p20 liteもよく知られたスマートフォンです。このスマートフォンでも色々な機能をカスタマイズする事が可能です。画面の明るさの設定方法としては、[設定]-[画面]をタップすると、[画面の明るさ]をコントロールするスライダーが出てきますので好みの明るさになるようにスライダーを動かしてセットします。

画面の明るさ設定

ブルーライトカット機能もあります!

[設定]-[画面]-[視力保護]とタップしていき、視力保護を有効にするとブルーライトカットされた暖色系の画面になります。目の疲れが軽減されます。夜間などにおすすめです。