huawei p20 liteを利用している人は多いですが、指紋認証が失敗するケースがあると悩んでいる人がいます。

一般的に指紋が認証されない原因として、指が汚れていたり背面センサーが汚れているなどがあげられます。指が乾燥している時も反応しないことが多く、特に冬は指が乾燥しやすいので認証に失敗するケースが多々あります。

冬に認証がうまくいかない場合は指に息を吹きかける対策などを行うとスムーズに認証されるでしょう。湿り気を少し与えることによって指の乾燥を解消することができるので、スマートフォンなどの設定を変更しなくても良いので簡単です。冬になると反応が鈍くなるという人にはおすすめの方法になります。それでも問題が解消しないなら、指が汚れていたり指紋が分かりにくくなっていることもあります。背面センサーに汚れがあったり、指をきちんと当てているかということも考えられるでしょう。繊細な部分になるので少しの汚れがついていると、うまく反応できないケースがあるので注意が必要です。

再起動する方法もあり、再起動するとさまざまな問題を解消できるケースもあります。指紋認証がうまくいかない場合、指紋を再設定するという手もありリセットすることによって、認証されづらい現象を解消することが可能です。まず指紋管理画面に移動し、ホーム画面において設定をタップします。セキュリティーとプライバシーをタップし、指紋IDをタップしましょう。指紋管理をタップし、PINコードを入力することが可能です。指紋管理画面になるので、指紋IDをタップすると既に登録されている指紋をアレンジすることができます。登録されている指紋を削除するなら削除をタップし、新しい指紋をタップすると指紋を新たに登録することが可能です。指紋認識をタップすると過去において登録した指紋が保存されているかチェックすることができ、背面センサーに指を当てると登録中のIDがハイライト表示されるでしょう。

p20 liteの指紋認証が反応しないのは特に冬場に多く、多くは指の乾燥が原因とされています。指に息を吹きかけると簡単にトラブルを解消することができるので、気軽に試すことができるでしょう。それでもトラブルが解決しないなら再起動を行ってみたり、一度リセットしてみると指紋認証を試すことが可能です。端末を自体を修理に出す前にいろいろと対策することによって、問題を解消できるかもしれません。