p20 liteのバッテリーを長持ちさせるための方法は、端末を使用しないような時間帯はできるだけ電源をオフにするようにすることになります。その方法としては、まず設定画面を開きます。設定画面では「スマートアシスト」という項目があるので、それをクリックして「電源オンオフタイマー」を選択します。ここで、電源オフとオンのタイマーをそれぞれ設定していきます。両方ともに有効にするようにして、開始時刻と終了時刻を選択します。

次に、有効にする曜日を設定していきます。この作業が完了すれば、携帯を使わないような時間帯には、電源がオフになることになるので、バッテリーが減るようなこともありません。その他にも、充電の性能をい状態で維持する方法も存在します。例えば、バッテリーを夜中の間中ずっと充電したままにしておくと充電後に減っていくバッテリーの量を抑えることができます。夜中にもバッテリーが100パーセントにならない場合は大丈夫ですが、100パーセントになっているのに充電し続けていると充電の性能が低下してしまいます。はっきりとわかることではありませんが、減るスピードが以前よりも早くなってしまう可能性があります。

そのため、できるだけ昼や午前中に充電をすることをお勧めします。そうすることで100パーセントになったらその場で充電コードを引き抜くことができます。次に、通知をオフにする方法があります。通知を設定していると通知が来た時に画面を表示させることになるので、できるだけオフにする方が長持ちさせることができます。通知のオフに関しては、設定画面を開いて通知という項目があるので、そこをタップして設定することが可能です。通知では、画面の表示をやめること以外にも、サウンドをオフにすることができます。

例えば、電話などがかかってきた場合だけサウンドを出すように設定しておけば、どうでもいいメールなどが来た時にエネルギーを無駄遣いしなくて済むでしょう。また、サウンドの種類でもバイブレーション機能が付いている場合にはその機能もオフにすることをお勧めします。というのも、バイブレーションはサウンド以上にエネルギーを消費してしまうからです。どうしても今日だけは長く使いたいというような場合には携帯型の充電器を購入しておくことをお勧めします。そうすることで、外出時に電源が無くなってしまいそうな際に携帯充電器を装着することで、対処できます。